プラセンタ注射の効果と副作用は?

「しんせんふしは努力しても得られないが、養生園樹は努力によって得られる」ということわざをご存知でしょうか。

 

3世紀ごろに中国で活躍した賢人の言葉です。

 

神様や神通力を持った仙人のような節は努力では得られないものの、養生など努力によって長寿は得られるという意味です。

 

アンチエイジングやエイジングケアはプラセンタの効果で得られるものなので、養生に生かしてみてはいかがでしょうか。

 

人間の寿命に関しては、遺伝子の存在がもっとも重視してきましたが、現在ではさほど重きを置かれていません。

 

妊娠による愛児の時代にさかのぼり、遺伝は20-30%で、残りの大部分は生活環境と食が中心的な役割を果たしていることが解明されてきました。

 

実際、生活習慣と食に対する気遣いで、老化度は25歳の時点でプラスマイナス4歳、45歳の時点でプラスマイナス14歳の差が出るとわかっています。

 

抗ウイルス、抗腫瘍作用、免疫調整作用を持つ「プラセンタ」の働きは注目すべきものがあります。

 

現在の医学では、★★★プラセンタ注射として体外から注射で投与するのが主流ですが、プラセンタの副作用が心配されているのが現状です。

 

現在は外敵を直接倒せば病気が収まるような対処には効果を発揮してきました。

 

優れた機能物質を精製単離して、急性疾患に功を奏してきたのです。

 

現在残されている病の多くは原因が多岐にわたり、急性的慢性的の経緯をたどるため、1つの物質が併せ持つ多くの昨日の活用が必要となってきます。

 

一方、自然界の食べ物には、必要に応じて人間や動物のあいないのプラセンタを増やすのというものが存在します。

 

体内でプラセンタを増やす物質にはどのようなものがあるのか?

 

まずは、サプリメント、そしてドリンク。塗りものであれば美容液や化粧水があります。

 

わたしは長い歳月をかけて、漢方や生薬をはじめとする数百種類の植物が秘めている力を1つ1つ検索で調べきました。

 

プラセンタを増やす働きが強いプラセンタ商品は、やはりプラセンタ濃度が高いものであると言えます。

 

ドリンクやサプリメントなどでも、40倍や50倍濃縮の商品が出ています。

 

私たちの免疫力が正常な機能を維持するのに「プラセンタ」という免疫細胞を活性化する物質は欠かせません。

 

プラセンタには免疫力を強める作用があります。

 

すなわち、漢方や生薬と似たような作用も持っているのです.

 

たとえば、肝臓にはクッパー細胞というマイクロファージの仲間が存在します。

 

クッパー細胞は、肝臓で解毒や老廃物の処理の手伝いをする他、ウイルスや細菌などの処理を手伝う働きがあります。

 

プラセンタは肝機能の働きを良くし、解毒作用もあります。